【PS4】The Last of Us(ラストオブアス)Part5:車を求めて【ゲームプレイ記事】

どうも皆さん。

るんです。

今回は「The Last of Us」第5回目の記事です。

因みにゲーム実況の方もやっています。
観て頂ける方は、記事の下部にリンクがありますのでそちらよりお願いします。
YouTubeチャンネル【るんの現実逃避旅行-どうがほかんこ-

前回までのあらすじ

前回の記事はこちら
議事堂へとようやく辿り着いた三人。しかしそこに居るはずのファイアフライは皆死んおり、実はテスも一時間前に感染していた。そこへ兵士の集団が議事堂へと来る。感染者のようになりたくないとテスが足止めをし、無事議事堂を出た二人。しかしテスを失ってしまう。
ジョエルはとある街に貸しがある男がいるといい、その人物にあいに行くことにする。しかし街には罠が沢山仕掛けられており、ジョエルは罠に掛かってしまう。そこへ押し寄せてくる感染者の群れ。絶体絶命のピンチにとある男が助けに入る。ジョエルが探していた男、ビルであった。ジョエルはビルに車が欲しいことを告げ、三人は感染者の徘徊する街へ車の部品を探しに行くのであった。

The Last of Us(ラストオブアス)第5回目スタート

目的の人物、ビルに会うことができた二人。
ビルと共にジョエルたちは車の部品を手に入れるため、街へと繰り出します。

先ずは隠れ家へ

ビルの後に
後を付いていく

ビルに車を修理してもらったことになった二人。
先ずは違う建物に行くということで、二人はビルの後を付いていきます。

必要な部品は町の反対側にあるのですが、そこに行くまでには沢山の感染者が徘徊する場所を通らないとなりません。
それに備え、隠れ家へ武器を調達しに行くようです。

車いっぱい
車いっぱい

建物の中から外に出る。車が沢山あるが、勿論どれも使えない。
と、感染者の集団第一波が来ます。

感染者
さっそく来たな

クリッカーに一度やられてしまったものの、何とか集団撃破。

撃破後ビルに呼ばれ、とある建物の門の内側へと入ります。
ジョエルがよくこんなところに住めるなと言うと、ビルは

「行動の予測できる感染者より、人間の方が怖い」

と言います。

確かにこういうゾンビ系の映画やドラマでも、人間の方が狂気じみていて大いに納得できる。

ただエリーにはまだその意味が理解できないようです。
でも安心なさいエリー。大人になれば嫌というほど、

理解できるようになるから。

人間の怖さは決してこんな世界にならずとも、自ずと見えてくると思うんです。
だからこんな世界だと、猶更人間の持つ残酷さが際立ちそうですね。

   

どこへ行くのかとビルに尋ねるジョエル。
ビルは地下室だと答えます。

地下室入り口
地下室入り口

地下室へ行く三人。

中に入り、辺りを物色するエリー。しかしジョエルはそれを止めます。
その行動にエリーはどうして?といように疑問を持ちます。

エリーは自分の身を守るために銃が欲しいようでした。
でもジョエルはそれを良しとしません。

銃は駄目
駄目だ

いやいや、渡してやれよジョエル。

こんな危険な世界だよ?
どう考えてもエリーにも持たせた方がいいと私は思うのですよ。

しかしここでいくらるんが喚いたところで、ジョエルの耳には一切届かない悲しみ。
全く世知辛い世の中だよホントに。

   

二人のやり取りを見ていたビルが、ジョエルに茶々を入れてきます。
そして一つ教えてやると言い出しました。

昔ビルには大切な人が居たようです。
しかし、大切なものを持っている人間から死んでいく。
つまり一人の方がいい、と。

そう言うのです。
ですがジョエルはそんな簡単な話じゃないと言います。
ビルも言い返します。いやそういう話だ、と。

とそこに、エリーが何かをいじっているのを発見するビル。
入った時に何も触るなと言ったのに、それを破ったエリーを怒ります。

そしてエリーはというと、

ああん?
ああん?

これである。

さすがっす、エリーお嬢。一生付いていきます。

   

そしてビルからショットガンを渡されるジョエル。
内心るんジョエルはというと、あれ?またショットガン?
と思っておりました。

いい加減、ライフルだと気づけ。

こんなへっぽこでエリー守れるんかいな。
やっぱりエリーにも銃渡そうよ。絶対その方がいいよ。

   

ショットガンをジョエルに渡したビル。
他にもなにかジョエルに見せたいものがあるようです。

「新しいオモチャだ」、そう言われて見せられたのは手製の爆弾でした。

しかも何が凄いって、敵が近づくと爆発する地雷式爆弾だということ。
見た目は缶詰に、ハサミやナイフなどの刃物がぶっ刺さっているだけなのに、センサーが搭載されているなんてハイテク過ぎない?

どっからそんな機械手に入れたの?
まさか一から自分で作ったわけないよね?
そんなことできるなら、わざわざ危険なところに車の部品を取りにいかずとも、ちょちょいのちょいで作れるよね?

   

いや、ナンセンスだった。申し訳ない。
とにかくこれはそういう爆弾なのだ。もう何も言うまい。

   

部品のことに関して話し出すビル。

数か月前、トラックが大量の感染者に襲われ学校に突っ込んだようです。
そしてそのトラックにはまだバッテリーもあるはずだと。

今回の目的は、学校まで行きトラックからバッテリーを回収すること。
そしてそれを別の車にいれて動かすのだと。

   

感染者の徘徊する町

学校
学校

隠れ家は教会だったようです。
三人は教会の二階部分の窓から外へと出ました。

そしてビルから目的地の学校を教えてもらいます。

裏庭部分へと降り、墓地へと続く門の前まで来ました。
そしてビルはここから先は未知の世界だ、と言います。

ビルもこの先へは行ったことがないということでしょうか。
一体どんな危険が待ち受けているのか。
三人は気を引き締めて未知の世界へと一歩を踏み出します。

  

ジョエルのグレート聞き耳を使い辺りを探ってみると、さっそく居るようです。

感染者
おるぞ

しかも全てクリッカー。なんと厄介な。
だがこのなんとか切り抜け進んで行く。

広場のようなところに出た。
墓場と路地を隔てる扉の掛かった扉があり、何故かカギを持っていたビルが空ける。

道に出ると後ろを向いたランナーたちが居た。

ランナー
ランナー

後ろから気づかれないように近づき仕留めていく。

その後も感染者を倒しながら進んで行く三人。
遂に学校の目前へ来ました。もう目と鼻の先です。

あと少し
あと少し

「ヤツらがウジャウジャいる。音を立てるなよ」
ビルに注意され、慎重に行動する三人。

   

見付かる
バレバレ

そっこう見付かる。

ランナーの集団に襲われるが何とかすべて倒すことに成功。
次が来る前にさっさと学校に行きたい。

しかし、また現れる感染者の集団。

結果

うわー
うわー1
うわー
うわー2
うわー
うわー3
うわー
うわー4

結局エリー含め4回召される。

ジョエルさん、自分のことでいっぱいいっぱいになりエリーまで犠牲にしてしまうとは。

先が思いやられる。

そしてビルがこんなことをぬかしやがる。

楽だったビル
いやいや

「思ったより楽だった。」

   

   

   

   

嫌味か?

  

え?

   

  

嫌 味 な の か ?

   

だいぶ苦労したるんジョエル、だいぶ捻くれてしまったようだ。

   

学校内

学校の敷地内はフェンスで囲まれている。
三人はフェンスの近くにあるバスの上に乗り、そこから敷地内へと降りた。
ボンネットの部分にある部品を取りたいが、トラックの前面部分は校舎内に突っ込んでしまっているため、中に入る方法を探す。

しかし厄介なことに、感染者の集団が三人に気付き向かってくる。
今はまだフェンスの外に居るが、突破されるのも時間の問題である。

校舎の扉を開けようとするが、鍵がかかっており入ることが出来ない。
横に回ってみると小さいが何とか通れそうな窓があり、鍵もかかっていない。

先にビルとエリーを通すジョエル。
すかさずジョエルも窓を通ろうとするが、感染者に捕まってしまう。

掴まる
や~め~て~よ~

しかしエリーとビルが助けてくれ、何とか逃れることができたジョエル。

すぐに窓を塞ぎ、鍵のかかっている扉も開けられそうになっていたため、中にあった棚を動かしバリケードを張る。

   

その頃、ボンネットを調べていたビル。
その口から、とても信じたくないような言葉が発せられた。

カラ

カラだ。

  

ボンネットの中には何もない。
どうやら先客がいたようだった。

どうするんだ!

怒りを露にするジョエル。

ビルはとにかく逃げるといい、三人は急いで校舎の奥へと走りだします。
しかし校舎の中にも感染者は無数に徘徊しており、苦戦する三人。

そして体育館に辿り着く三人。
そこで目を疑うような、信じられないものの存在を確認します。

ブローター
ブローター

このでかい感染者はブローターといい、感染してから時間が経つとやがてこのような姿になってしまうらしい。

なんと厄介な。しかしこいつを倒さなければここを脱出するのは無理そうだ。
三人は腹を括り、ブローターとの戦いに挑む。

投げんな
投げんな

ブローターと戦う三人。
奴は自分の体から何かをもぎ取り、それを投げつけてくる。

投げられた場所には胞子のようなものが漂い、その中に居るとダメージを受け続けてしまう。

きっっっったねーなあああ!

嫌悪感を前面に出していくジョエル。

何度かブローターに顔を引き裂かれてしまうものの何とか倒す。
火炎瓶を二個ほど使ったのだが、なかなか武器として優秀なことに気付くるんジョエル。

倒した
灰燼と化すがいい

   

捨てる神あれば拾う神あり

逃げろ
逃げろ

体育館から出た三人。
しかし依然として感染者は追跡の手を止めない。

命からがら、なんとか安全そうな建物内に隠れることができた三人。

   

「別の手はあるんだろう」

怒りを抑えつつも、隠し切れない様子のジョエル。
何か他の方法があるかビルに訊きます。

しかしそんなものはないと言うビル。
そして言い争いになる。

しかし、突然ビルが静かになる。
その目はジョエルを捉えておらず、別の何かに向けられていた。

静かに振り返るジョエル。

自ら
自ら

何者かが首を括り、自害していた。

   

フランク

ビルは消え入りそうな声で呟く。

知り合いか尋ねるジョエル。

俺のパートナーだ。

そう答えたビルに、何も言えなくなるジョエル。
隠れ家で大切な人がいたと言っていた。

恐らく彼のことなのだろう。

   

遺体をロープから下し、身体を確認するビル。
その体には複数の噛み痕が確認できる。

彼は自分でなくなってしまう前にけじめを付けた。
テスのように。

   

そこへ突然車のエンジン音のようなものが耳に届く。

急いで音のした方向へ向かう。
そこには車に乗ったエリーが。

車
でかしたエリー

「こんなのがあった、ガソリンもある」

エリーが二人に言う。

急いでボンネットを確認するビル。

「俺のバッテリーじゃねーか」
「あのヤロー!」

ビルはエリーを下ろして車に乗り、エンジンの確認をする。
消耗しているが使えなくはない。
しかし走り出すためには、最初は手で押して動かす必要があるようだった。
仕方ないといったように、承諾するジョエル。

どうやらバッテリーをトラックから取った先客はフランクだったようだ。
それだけではない。
フランクはビルの私物を盗み逃げ出していた。

失望するビル。

ジョエルが家の中を物色していると、フランクからビルに宛てた手紙を見つける。
内容を確認するジョエル。

手紙
フランクの手紙

手紙の内容を簡単に要約すると、

俺はお前のことが大嫌いだった。あばよぉ!

少し躊躇したもののジョエルはビルに手紙を渡す。
そうだったのか、、、、と再び悲しみだすビル。

   

目的は達成した。
正直ビルの罠にかかり、命を危険に晒された復讐をしてやろうかと考えていたジョエル。
そんな気持ちも今や一欠けらもない。

ビルありがとう。

心の中でジョエルはそう呟く。

   

次回へ続く

   

The Last of Us ゲーム実況

今回のゲーム実況です。
観て頂ける方は下部よりお願い致します。

!!注意!!

以下に気を付けること


1:声めちゃくちゃキモイ
世の中には声のかわいい女性が沢山いるのに、私の声はいったいどうしてしまったのでしょうか。

2:声聞き取り辛い
なんかもごもごして声聞き取り辛いです。何言っているか分からないところが多々あるかと思います。

3:ほぼノー編集
殆ど編集しておりません(2%くらい編集した)。ので見づらいかと思います。(別に面倒臭かったわけじゃないから、、、!)

これでも大丈夫という方のみ観てください。
苦情は受け付けておりません。自己責任でお願い致します(笑)

【女性ゲーム実況】The Last of Us (ラストオブアス)part5【PS4】

ゲームプレイ日記ランキング