【PS4】The Last of Us(ラストオブアス)Part6:襲撃【ゲームプレイ記事】

どうも皆さん。

るんです。

今回は「The Last of Us」第6回目の記事です。

因みにゲーム実況の方もやっています。
観て頂ける方は、記事の下部にリンクがありますのでそちらよりお願いします。
YouTubeチャンネル【るんの現実逃避旅行-どうがほかんこ-

前回までのあらすじ

前回の記事はこちら
学校に突っ込んだトラックの部品を手に入れるため、ビルと共に感染者の徘徊する目的地へと向かう。しかし肝心の部品は既に何者かによって持ち去られていた。追いかけてくる感染者から逃げるため、一旦その場を離れる。途中ブローターという強力な感染者に出会ってしまうが、無事撃破しとある家の中に逃げ込む。その家の中には自殺したと思われる遺体があった。どうやらビルの大切な人、フランクだったようで落ち込むビル。しかし幸か不幸かトラックの部品を持ち去ったのはフランクであり、なんとか車を手に入れることに成功したジョエルたちだった。

The Last of Us(ラストオブアス)第6回目スタート

車を手に入れたジョエルとエリー。
しかし走らせる為には最初は手で押す必要があると言うビル。

押す
押す

車を手に入れたジョエルとエリー。
しかし実際にエンジンを動かすには最初手で押して動かす必要がある。

車内をエリーに任せ、ジョエルとビルは後ろから車を押す。

ガレージから車を押し出し、道に出た。
そして現れる感染者。

感染者
予想通り

ビルと協力し感染者を蹴散らしていく。
しかしどんどんと湧くように現れる感染者たち。

だが遂に車にエンジンがかかる。
ただその音によって余計に現れる感染者たち。

キリがない。

ジョエルとビルは急いで荷台に乗り込み、車を出すエリー。

   

三人
ここまでくれば

感染者の姿は既に見えなくなっていた。
何とか逃げ切れたようだ。

止めろと叫ぶビル。

エンジンは切るな、とエリーに声をかけ車を降りるジョエルとビル。
話し出す二人。

ビルはジョエルに向かい、お前は絶対に死んじまうよと言う。

   

おい

   

やめろ

   

フラグを立てるんじゃないよ

  

思い出したようにビルはジョエルに何かを渡す。
何か尋ねるジョエルにビルは、ガソリンが入っている車は結構残っていると言う。
そして礼を言うジョエル。
ジョエルは何を渡されたか理解したらしいが、

私は全く理解できなかった。

話の内容から推理するに、ガソリンを入れる何かなのか。
わからないけど、とりあえずそういうことにしておこう。

ビルの借りはチャラになり、ジョエルとエリーは町を出る。

   

人と人

マンガ
マンガ

ビルと別れ雨の中、二人はジョエルの弟であり宿命のライバル、トミーに会うため旅を続ける。彼は元ファイヤーフライの為、何か情報を持っているに違いないと踏んでのことだ。

眠っていたと思っていたエリーが突然声を上げ、少し驚くジョエル。
手にはマンガを持っている。

どこにあったと聞くジョエルに、エリーは少しばつが悪そうに答える。

「あービルの家」

色々なものがあったからといい、マンガ以外にも盗んでいた。
まったく、、、。

やがて眠りに落ちるエリー。

暫くたち、運転していたジョエルが呟く。

「あーマズいぞ」

通れない
廃車がひしめき合っている

壊れた車に道が塞がれていた。
本当は左の道を行きたい。しかし通ることができない為仕方なく右の道を行くジョエル。

右の道を進んでいると突然一人の男が道を塞ぐ。

怪我をした男
怪我をしているようだが

どうやら怪我をしているらしく、二人に助けを求める。
それに応じようとするエリー。
しかしジョエルはこの男を訝しがる。

罠だ。

ジョエルはエリーにシートベルトを締めるよう告げ、アクセルを踏む。

その様子を見た男は銃を構え、後ろからは仲間が現れる。

外道
外道共

ジョエルは構わずアクセルを踏み続ける。
しかし突然横の道から大型のバスが迫ってきた。

危ない
危ない

バスにぶつかり、ジョエルたちの車は押しやられる。
何かの建物に突っ込みようやく止まる車。

二人は大した怪我をすることもなく無事なようだった。
しかし、奴らの仲間二人を車から引きずり落ろす。

やめろ
やめろ

引っ張り出され窓ガラスに頭を突っ込ませられるジョエル。
その衝撃で割れた窓ガラスの欠片に、頭を押し付けられそうになる。

ふんぬ
ふんぬ

押し返そうとするジョエル。
何とか拘束を振りほどき、相手の頭を割れたガラスに向け突き飛ばす。

きっっったねぇ手で触んじゃねえええ!!!

怒りと嫌悪感をぶちまけるジョエル。

ガラスの切っ先に喉を裂かれる男。
そのまま絶命する。

エリーの唸り声が聞こえた。
そちらを確認すると、なんとか男に抵抗しているエリー。

そして男に殴られるエリー。

ぅへあ
ぅへあ

   

おい

  

わかっているんだろうな。ええ?

蹴り
許さない

腸が煮えくり返り、怒りを抑えられないジョエル。
ゲス野郎をぶちのめす。

膝まづいているエリーを起こし、急いでこの場を去ろうとするジョエル。
しかしすぐに奴らの仲間が駆けつけてくる。
すぐさま身を隠す二人。こいつらを一掃しないと出られそうにない。

隠れる
隠れる

ジョエルは身を隠しながら一人ずつ始末していく。

敵の数は多かったが全て倒したようだ。
辺りを探索し進めそうな場所を探していると、シャッターが下りている場所があった。
なんとか下から持ち上げることが出来そうだ。

持ち上げる
よっコラショ

シャッターを持ち上げジョエルとエリーは建物内に入った。

中には先ほど襲ってきた連中「ハンター」たちが襲ったと思われる人の死体、そして剥ぎ取ったであろう服や靴などが溢れていた。

二人は使えそうなものは持っていき建物から出る。

橋
黄色の橋

外へ出ると右手側に大きな橋が見えた。
二人はまずそこを目指すことにする。

  

ハンター

ハンター
邪魔な奴らだ

町の中を通り橋を目指していると突然男たちの話し声が聞こえた。
急ぎ身を隠し確認をする。

ハンターたちだっだ。
どうやらこの辺りはハンターたちの拠点のようだ。

感染者も厄介だが、ハンターたちもそれに劣らぬ厄介さである。
見付からぬように橋まで行きたいが、なかなか難しいかもしれない。

手に銃を構えハンターたちを狙う。

やられる前にやれ。

生き残るにはそれしかないのだ。
ジョエルは静かに狙いを定めていく。

   

一通り、ここら一体のハンターは倒したようだ。

道の先は大きな門で閉ざされており、そのままでは進めない。
しかし門に突っ込んでいるバスの上を通れば入れそうである。
二人はバスの上に乗り、門の中へと入る。

門の先にはゲートがあった。
どうやらここは放棄された隔離区域のようだった。

検問所
今は管理されていない

ゲートを通り隔離区域の中へと入る。
エリーがハンターが居ると言う。

また聞こえてくるハンターたちの話し声。
ジョエルは陰に隠れながら、火炎瓶片手にハンター共に近づく。

そして奴等めがけ火炎瓶を投げ込む。

燃える
灰も残さぬ

あはああああぁぁぁ

気持ち良いぃぃ~

奴等の断末魔が耳に心地よい。

  

正直るんジョエル、かなりのゲス野郎である。
ハンターたちも中々だが、いい勝負である。

一先ず近くにいたハンターを倒し建物の中に入る。
図書館のようでかなり広い。
そして敵もだいぶ多いようだった。

倒しても倒しても湧いてくるムシケラ共めが。

ジョエルは一切の慈悲もかけず始末していく。
所詮、ゴミ溜めみたいな奴等だ。居ない方が綺麗になると云うものさ。

殴り
あばよ

ゲスすぎるるんジョエル。

図書館内の敵を一掃する。

二人は図書館の二回裏手から、再び外に出る。
すると少し遠くにまたハンターたちがいた。

物陰から観察をする。

板を運ぶ
例の橋になる板

ハンターはよくジョエルたちもお世話になっている、例の橋になる板を動かしていた。

ハンターたちが居なくなるのを待ち移動を開始する。
しかし、橋に行くためには先ほどのハンターたちが入っていったホテルを通らないといけなさそうである。

ジョエルは建物の中に入る方法を探す。
ハンターたちが入っていった向かいの建物から渡っていけそうだが、それには奴らが先ほど引き上げた例の橋になる板がないと行けそうにない。

下は水で溢れており登ることも難しそうだ。
何より泳げないエリーにはここまで来るのも無理だろう。

一先ずエリーをここまで運ぶ方法を探す。

すると遠くの方に例のいかだになるすのこを発見する。

ヤベー車だ装甲車

例の船になるすのこに近づいたとき、橋の上からエンジンの音がした。
みるとしれは装甲車のようだった。

あんなものに狙われたら一溜りもない。
ここはヤバい。早く出るべきだ。

エリーの元に例のいかだになるすのこを持っていき、エリーを運ぶジョエル。

橋
渡るエリー

エリーは例の橋になる板をかける。
ジョエルもホテルの向かいの建物に入る方法を探す。
浸水した入り口部分にトラックが突っ込んでいる。このトラックの荷台の中を通り抜けて中に入れそうだった。

建物
ホテル向かいの建物内

建物の中に入り一通り物色。
そして向かいのホテルへ向か二人。グレート聞き耳で敵がいないか確認する。
大丈夫なようなので中に入る。

ホテル内は水に侵食されていた。

ホテルの中
ホテルの中

一階部分はどこも道が塞がれており、二階へ上がる方法を探す。
梯子が立てかけてありそれを使い二階へ上る。

ハンターたちの話が聞こえてくる。奴らが居るようだ。
グレート聞き耳を使い相手の動きを確認するジョエル。

火炎瓶を手に取り狙いを定める。

火炎瓶
ぽいっちょ

あぁ、、、、燃え上がる焔が美しい、、、。

焔に見とれているジョエル。
気づかぬうちに敵が後ろから迫っていた。

エリーに教えてもらい何とか不意打ちされることもなく撃破。

さすがだ、エリー。

その後もホテル内のハンターを倒していくジョエル。
ただ図書館同様、こちらもかなりのハンターが潜んでいた。

わらわらと群れることでしか生きられない雑魚共めが。

なんの罪悪感も抱くことなく始末していく。
所詮、人に縋ることでしか生きられない奴等だ。居ない方が人の為と云うものさ。

途中火炎瓶を投げつけてくるハンターに驚きつつも一掃したジョエル。

火
あっつ

次の進むべき道を探す。
しかし、如何せん広さと似たような作りの為道に迷うジョエル。

その時神の啓示が降りる。

ありがたや
ありがたや

エレベーターの扉を開けて登るのです。

しかも位置までマーキングされている。

神様、有難うございます。

神の御言葉に導かれるまま、二人はエレベーターへと向かう。
扉を押し開け中に入る。

中には梯子が立てかけられており、それを使い天井裏に登る。
そこから壁の出っ張りを伝い、もう一つのエレベータの上に降りる。
エレベーターは出入り口部分より少し下側に有ったため、エリーを押し上げるジョエル。

エレベーター
さあ登りなさい

その時不穏な音が響く。

一気に崩れ落ちるエレベータ―。一緒に落下していくジョエル。

落下
ここまでか

もうだめかと思った。
しかし落ちた先は大量の水に覆われており、衝撃を吸収していく。
また落ちた距離も、恐らく10メートルもないだろう。

大した怪我もすることなく生き延びたジョエル。

上からジョエルを心配するエリーの声が届く。

こちらに来ようとするエリー。
しかしそれを必死で止めるジョエル。

「俺がそこに行くから!」

ジョエルはそう叫び、ここから抜け出す道を探し始める。

それにしても神も仏もありゃしねえ。
こんなところに落とされるなんてよお。

神など信じぬ。信じられるのは己自身のみ

そう心に誓いジョエルは踏み出していく。

   

だいぶ水に侵されているようだ。
時には浸水した通路を潜りながら進んで行く。

そして胞子の充満している場所が現れた。
ここを通らないと上へと戻ることは出来なさそうだ。

クソッ

ジョエルは仕方なく胞子の中へと向かっていく。

胞子
早くエリーの元に行かなければ

   

次回へ続く

   

The Last of Us ゲーム実況

今回のゲーム実況です。
観て頂ける方は下部よりお願い致します。

!!注意!!

以下に気を付けること


1:声めちゃくちゃキモイ
世の中には声のかわいい女性が沢山いるのに、私の声はいったいどうしてしまったのでしょうか。

2:声聞き取り辛い
なんかもごもごして声聞き取り辛いです。何言っているか分からないところが多々あるかと思います。

3:ほぼノー編集
殆ど編集しておりません(2%くらい編集した)。ので見づらいかと思います。(別に面倒臭かったわけじゃないから、、、!)

これでも大丈夫という方のみ観てください。
苦情は受け付けておりません。自己責任でお願い致します(笑)

【女性ゲーム実況】The Last of Us (ラストオブアス)part6【PS4】

ゲームプレイ日記ランキング